PAGE TOPへ

IPOセカンダリーでの戦い方

IPOセカンダリーでの戦い方

6/24 追記しました。

今回は、IPOセカンダリーでの戦い方と題して、どこのポイントに注目してIPO取引をするのかを簡単にですがまとめたいと思います。

6/19日にメルカリがマザーズ上場ということで、IPO関係盛り上がるかもとも思われ、この機会に周辺知識、ポイントを総ざらいしておくと少しは役に立つかもしれません。

注目ポイント

  • IPOセカンダリーは、初押しを積極的に狙いに行く。

⇒初押しは買いであることが多い。しかし、VC、大株主の売りには要注意して。

IPOの場合、誰もその会社の価値を正確には判断できない。つまり、IPOに対しては、注目度が高く、買い意欲旺盛で上値を買おうとする動きが顕著になる。また、売出し量が少ないIPOは、売りに対して、買いが何倍もになる場合があり、一旦の初値売り組による売り玉を吸収したあと、再度高値を更新しに行くような動きも見られる。

また、即金規制(信用使用不可)が取られているような場合には、過熱感が起こりにくく高騰する場合が多い。

  • VC(ベンチャーキャピタル)がいない、ロックアップがかかっているIPO銘柄については、初値以降ロックアップあたり(1.5倍)まで上昇する可能性が高い。

VC、出資会社(上場企業など)の有無については必ず注意を払う。不自然な大量の売りが続くようであればVCや大株主だと思ってよい。

ログリーとアイティメディア、ボヤージュのような関係。ロックアップが外れた途端、まとまった売りを入れてきます。(収益を得るために出資しているので)

公募価格の1.5倍以上になれば、大株主はロックアップを気にせず市場で株式を売却できる

このロックアップの基準を頭に入れておきましょう!

  • 前回の新規IPO上場から次のIPO上場までどれだけ時間が空いているか?(空白期間の長さ

空白期間が長ければ長いほど、注目度が集まるのは必然。同日複数上場する場合は、資金が分散してあまり上がらないような場合もある。逆に言えば、高騰が抑えられる形になり、非常に初値等安くなり、再評価時に高騰するようなこともあるので、何がいつ上場するかには目を配り、会社の中身に目を通しておくことが重要だろう。

注意点

  • 相場環境が悪いときは真っ先に売られる。特に新興IPO

相場環境の良さ悪さは、IPOに乱高下をもたらす直接的な要因となる。良いときには、よく上がり、悪いときには、よく下がる。

地合いが悪いときは、IPOは触らないし、持たないこと

  • 期待値の高いIPOは初値天井となることが多い。

⇒直近のIPOでは、HEROZが群を抜いて記憶に新しいw 初値からテンバガーって…

確か、記憶では寄って3秒で特売り、そしてスト安である。いくらなんでもこれは加熱し過ぎだろうと思うIPOは飛び込むと必ずやられる、しかもあっという間に。こういう銘柄は、一旦落ち着いた後、拾うなら拾うべき。

  • VCの売り、ロックアップが外れる株価付近は常に意識する。

⇒これも注目ポイントのところで書いたが、VCの有無には注意を払っておくこと。逆に言えば、ロックアップ価格まで上がるとも言える。(売りたい大株主が買い上げてその株価まで上がることもある)

  • 吸収金額が多い、発行済株数が多い、時価総額が高いといった銘柄はセカンダリーにはあまり期待はできない。(例外はある)

⇒大型株に多い。市場に出回る株数が多くなる分、急騰は起こりにくい。しかし、いい会社は、株価の落とし所が定まってくると、切り返して、じっくりと上を目指していく動きを取るものが多い。

  • 即金明けの信用取引開始時(2日目)に注意

⇒ここで、ハイ空が入ってくるので急落する場合もある。初値が高すぎる場合など、売りを仕掛けてくる場合がある。しかし、安いところで買えるというメリットも。転換、リバウンドを狙いたい。

その他ポイント

IPO銘柄を買うにあたってのその他ポイントを記しておく。

上場時が上場来高値でその後数年調整したあとのIPOが、上場来高値更新すると本当に強い動きとなる。

直近では、ALBERT、アルファポリスなど。

つまり、IPO青天井、U字チャート、果てはカップウィズハンドルを形成。

また、この過程では、上場来高値を更新させまいと執拗な売りや厚い蓋を置いて阻止しようとする。

これを突破した銘柄は、一段高が見込め、一層の買いが入ってくると思われる。

私は、今後、上場来高値更新に期待を寄せている銘柄として、9417スマートバリューを上げてみます。

ここは医療×ブロックチェーン、電子政府関連として今後ますます注目されていくであろう企業だと確信しているのでぜひ頑張ってほしいですね。

(6/24)2部上場や分割、増配を材料に強い上昇が見られました。2040→2800あたりまで。

6月末に分割や鞍替えが行われるので、次は1部上場を目指して、進んで欲しいですね。

マークラインズのように3ヶ月で1部上場みたいになってほしいなぁ笑。増資も1部上場のためにしているはずなので頑張って欲しいです。

そうなると9月あたりですかね。発表は。

終わりに

今回は、IPOの注目ポイントと注意点についてまとめました。

私もこの機会に、いろいろなIPOの動きを検証してみようと思いました。

この記事が参考になれば幸いです。気に入ったら、イイね、シェア等もよろしくおねがいします。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。