PAGE TOPへ

私が考えるTwitter投資法

私が考えるTwitter投資法

Twitterを投資にどう活用していますか?

Twitterは、ニュースやリアルタイムのツイートといった新鮮な情報が豊富な一方で、使い方を誤るとデメリットが多く発生するツールです。特に投資においては、損得がはっきりしているぶんこの傾向ははっきり出ます。

そこで、私が思うTwitterを利用した投資の手段を紹介します。

どちらにしても投資は自己責任ということは変わりませんが、Twitterの賢い使い方を学ぶことは非常に有効なことかと思います。

思いつくもので3パターン紹介します。

※私が全てやっているかと言えば、そんなことはありません。

①煽られるであろう予定の銘柄を先回りで仕込み

有名アカウント(ここではフォロワー1万人以上を指します)が呟く銘柄に注目してみると、やはり普通の投資家と同じく同じ銘柄を周期的に呟いていることが多いです。(しかし、時期によってその種類に移り変わりはあります。)

これを頭に入れ、煽られるであろう銘柄を先に仕込み、待ち伏せしておきます。そして、その人の煽りでイナゴがついて吹き上がったところでためらわず利確するのです。

この場合、イナゴタワーができる場合もあり(最近は少なくなりましたが)、上手く行けば、ドテンショートして往復でも利を取れることもあります。

こういう煽り屋の呟きは値動きに流動性をもたらし、“値幅“を生んでくれます。活用しましょうw

時期ごとやその煽り屋ごとに煽り銘柄リストを作成し、ピックアップしておくのも有効ですね。

あと、Twitterの通知機能をオンにしておくとタイミングがつかみやすいと思います。

②よく当たっている、銘柄選定の上手な投資家アカウントを見つける

Twitterには、上手い投資家は数え切れないほどいると思いますが、そういう人の見つけ方を紹介します。

まず、逆転の発想をしますw

ずっと上がっている、または暴騰している銘柄の初動のツイートをしている人をTwitter検索から見つけることです。

そして、その人がどういう過程でその銘柄を見つけたのか、またその人が注目している銘柄も騰がる可能性が高いので、自分で調べてみたり、他の投資家のツイートを調べたりします。

③テーマ、材料を呟いてくれているアカウントを見つけ、材料から自分で銘柄を探して仕込み

Twitterには、毎日最新のニュースや、ある分野や特定の銘柄に影響を与えそうな記事を発信してくれる方がいます。

そういう記事やニュースの中から、持続的に需要が続きそうなニュース(マクロ的な要素を含む)は投資向けとして、突発的材料(ミクロ的要素が強い=一時的なもの)は投機(短期スイング)向けとして整理しておきます。

そして、その後銘柄を調査、分析していくのですが、投資向けの銘柄は、やはりある程度時価総額が低い銘柄がいいでしょう。長期的に値上がりする可能性が高いからです。しかも、赤字続きで、今後黒字へと転換していくような会社には注目する価値は大いにあると思います。

投機の材料は、基本単発なので、値幅を取ればOKぐらいの気持ちで捉えるようにしましょう。

ここで、その材料を見て、会社自体の成長性にも目を向けれるようになれば一段とレベルアップできますね。

意識したいです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。