PAGE TOPへ

【旬のテーマ】 〜次世代通信「5G」〜

【旬のテーマ】 〜次世代通信「5G」〜

昨日5Gに関する大きなニュースが出ました。それを受けて、アイレックス、サイバーコムはS高引け、ネクストジェンも一時S高と5G関連に買いが集まりました。

以下日経新聞から引用

次世代の高速携帯通信規格「5G」の2019年の商用化に向けて、世界の通信事業者や機器メーカーが一斉に動き出した。スマートフォン(スマホ)向け高速通信のほか、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の進化やつながるクルマ「コネクテッドカー」の開発など、世界的な投資やサービスの高度化に弾みがつきそうだ。

ここで取り上げられている“次世代の高速携帯通信規格「5G」”について基本事項からまとめていきます。

5Gとは?

  • 高速・大容量の通信を実現する5Gはこれまでの規格「4G」と異なり、通信の遅れがほとんど発生せず、遠隔地でも時間差なく通信することが可能になる。

  • 仮想現実(VR)のような大容量のコンテンツの送受信に加え、ロボットを時間差なく遠隔地から制御したり、自動運転へ応用したりできるようになる。

  • 現在、主流のLTE回線の100倍以上の速度も可能に。

なぜ今話題化しているのか?

⇒各国の通信機器メーカーや通信事業者が5Gの商用化計画の20年からの1年前倒しで2019年前半にモバイル機器での5Gを用いた商用展開が可能になることをを明らかにしたから。

これは通信業者にとっては、大きなビジネスチャンスであり、再び大きな市場が生まれることを意味する。

 

昨日は、このような大きな材料が引き金となり、5G関連銘柄にストップ高銘柄が出た。

関連銘柄も合わせて整理しておく。

5G関連銘柄

  1. ネクストジェン <3842>

NGN(Next generation network)と呼ばれる、インターネットなどで使われているIP技術を利用した次世代の通信網に関する、制御システムの開発を行っている。5G通信の開発に積極的なNTTドコモ <9437> に対しても通話管理システムを導入。

2. サイバーコム <3852>

富士ソフトの子会社である同社は、通信分野を中心としたソフトウェア開発を主力にしている。成長分野として医療向けシステムに注力しているほか、カーナビなどの車載関連システムでも支持を集めている。

3. 構造計画研究所 <4748>

独立系SI。構造設計から創業し、独自の防災コンサル展開している。同社は5Gモバイル推進フォーラムにも参加するなど、5Gに関する研究や一般への周知など、積極的に5G実用化に取り組んでいる。

☆5Gモバイル推進フォーラム会員一覧(http://5gmf.jp/outline/members/)

4. アルチザネットワークス <6778>

通信計測器の開発業者である同社は、携帯電話の基地局や交換機向けの計測器を主力に置いている。無線アクセスネットワークの中核をなすC-RAN技術において、同社は世界の大手通信キャリアや大手ベンダーに対し、C-RAN基地局の限界性能を測定するテスターを提供しているなど、こうしたテスター市場では世界シェアトップを誇っている。

5. アイレックス <6944>

通信系コア技術に強いシステム開発会社で、NEC <6701> やパナソニック <6752> などを主たる顧客としてきた。IoTや自動車関連のシステムにも注力しており、5G対応スマホの試作にも取り掛かるなど、新たに5G関連銘柄としての注目が集まる。

6. ヨコオ <6800>

半導体デバイスや車載通信用アンテナをはじめ、スマホ用の回路検査機器や社会インフラ用システムの開発製造を行う電気機器メーカーで、医療用カテーテルなども手掛けている。さらに、自動運転関連など5G対応機器の開発を進めている。

※銘柄情報はZUU onlineより一部抜粋

隠れ5G穴株

3727 アプリックス 5Gモバイル推進フォーラム会員。 「第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)」に参加 ~ 第5世代移動通信システム(5G)に対応したIoTソリューションの開発にも着手 ~

9702 アイ・エス・ビー 第5世代携帯電話(5G)システムの実装

3776 ブロードバンドタワー 5G対応データセンターにおいて、株式会社イードと協業するという発表

6838 多摩川ホールディングス 子会社である多摩川電子が5G事業に取り組んでいることを発表

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。